田舎の空




山を抜けるその坂道の先には大きく連なる山々と、

            どこまでも広がる大きな空が見えた。



つかめそうでつかめない綿のような雲がなびき

            はるか遠くには深蒼の海へと続く。



霞のかかったその海の向こうにはかつての航海士たちが夢見た

                幻の大地を見ることができるのだろうか