オイルポンプ分解&考察

なんの変哲もないAF18(88’)のオイルポンプが今日の犠牲者です。







きったないですね。







はいバラバラです。これくらいはいつものことですね(を

まぁこれおばちゃんが乗りっぱなしだったDioなんで・・・・

白煙はいてる走る理由がわかった瞬間でもありましたが・・・



原因はオイルポンプの調整不足でもなんでもなく・・・オイルポンプの消耗ですね・・・。

一定アクセルでずーっと走るとそこだけ磨耗してオイル量が自然と増えます。



あとここまでばらしてわかったのは・・・・オイルポンプワイヤー調整でオイルの量は減らせません・・・。







これをみると一目瞭然です。

への字になっているところが注目点です。

これでオイルの量をコントロールしているのですが。



基準値としては

全閉-----オイルポンプ全閉-----オイル量最大←ここが磨り減ってさらにオイル量増加→白煙

中開-----オイルポンプ中開-----オイル量最小

全開-----オイルポンプ全開-----オイル全最大



とアクセル中間のときに少し減るだけなんですね。

ワイヤー調整でできるのはあくまでこれをずらすだけです。



全閉-----オイルポンプ中開-----オイル量最小

中開-----オイルポンプ全開-----オイル全最大

全開-----オイルポンプ全開-----オイル全最大



これにより発車時のかぶりは防げますね^^;

またDioの強化ポンプは比較的簡単に加工できます。



オイルポンプ送っていただけたら加工いたしますのでどしどし発注してください。

そうですね値段は1500円くらいで(価格設定不明