給排気系の最近のブログ記事

続・・・切った貼った


ん〜やっぱり切った貼った続行・・・まだ足りなかったorz



とりあえずフッティングだけしてみたんですが・・・・デカイっす・・・







同じAf18Eのエアクリなんだろうか・・・・。



取り付け位置がまったくといっていいほど違いますね。

これは本来同じ場所のはずですので・・・。

後ろに3cm左に3cmずれてます。







よこからは・・・いがいと普通ですね、こんなエアクリついてる車両ありそうといえばありそう。

てか実際ついてるんですがね。







そしてうえからなんですが、半分以上はみ出てます・・・。

どっかでひっかけそうだなぁ・・・でもキックレバーでてると同じくらいかな・・・。



まぁこの位置に一応おさまるにはおさまるんですが。

Dioのマニであればこれ以上タイヤ側に移動は不可能です。



キャブの口が・・・・。

現状は落ちないように針金で釣ったのと、エアクリのジョイントの締め付けだけなので怖いです。

走行テストだけしてもとのエアクリにもどしたので、ステー考えないとだめです。



あとは・・・やっぱり今日も切った貼った続行でした・・・もとの取り付け部分が邪魔ってことで

切断。これから仕上げ加工します

入らないなら切っちまえ


これ先日公開したエアクリBOXです。

これなんですが実はこのままではDioにはつけれないんです。。。







というのもエアクリBOXの前側にも変な空間が見て取れるとおり

ここがサスに干渉してしまうのです。



これを解消するにはマニを短くして回避したうえで

リアサスの角度を変えなければいけないのですが

G'のマニをつけると、キャブが進行方向に対して15度ほど傾いてしまうのですよね。

油面やら面倒なので。。。。ぶった切ってみました



ええ。エアクリをですw

久々に切った貼った企画ですね(を



まぁ途中の写真なんてありませんけどw



半田ごてで熱切断ですよ。

接着?そのまま半田ごてで溶接。これだからプラって簡単ですね。







でできあがったのがこれです。

ガッザガザ・・・・orz

まぁ半田ごてでなでただけなので仕方ないか・・・・







奔放初公開内部側もです・・・・

密閉度は知りませんよ。

ここからほっとボンドで補強するので大丈夫でしょう。





これで取り付け出来ればこの企画は終了ですw

まぁエアクリ側がこれ以上削れないので厳しいんですけどね・・・・







最後の味付けにねじをクロム調に磨いてみました・・・・あんまりわからないかも(を

エアクリ加工(を


スーパーサイクロンをさらに進化させるためにこんなものを用意してみました。

というかライブのエアクリのフッティングゴムが割れたから

つけただけですがね。







わかる人だけわかってください。そして注文してみてくださいね^^;





一応フッティングなんですが。ゴムだけの状態だとかなりゆるいです。

そりゃそうですよね。そもそもの対応キャブが2�唐ルどうえですので^^;



まぁこのあたりはバンドで閉めれば問題なさそうです。



コレにあわせるエアクリ何にしよう・・・・秘蔵っこ使うかな。



続きは後ほど。 







そういえば昨日下げたSJ42番やっぱりダメダメでした、

なにがわるいかっていうとクラッチがすべろうとしながら途中ですべるのをやめるような

トルクのなさ・・・・とりあえず逆に48番に上げてみることにしました。



エンジン冷却時のセルスタートが若干改善。



いままで薄くてまともにエンジンかかりませんでしたから・・・

エアクリゴム割れてたせいもあるのかもしれませんが



とりあえず現状でポン付けできないのでG'エアクリは保留。

G'のマニホ導入になるのかなぁ・・・・







フッティングしてみましたが。例のコネティングリングゴムだとG'ノーマルより

7〜8mmみじかくなります。AF18Dioでもおなじくらいかな。







DioマニだとG'エアクリは絶対つきません・・・AF18エアクリを例の偽ファンネル化しても効果なさそうなので・・・・



どうしよう。マニいれて310mmのハイグリップさすいれるか・・・このセットならなんとかなりそう