お色の調合

ちょっと前にレジン用着色剤のシアン・マゼンダ・イエロー・キー(ブラック)での着色のお話を書きましたが。私のやっている、調合法を大公開します。まず作りたい色を思い浮かべます。

前回はラムネ便だったので、単純な青色でしたが、今回はビール瓶をイメージして茶色をつくります。

ぱぱっと何色と何色混ぜたらいいって思い浮かびますか?私は無理です。私の場合はcolor-sample.comさんを利用させていただき、それっぽい色を探します。
今回はAcajouといろをフィーリングで選択、もちろん色見本から選んでもいいですが、このあたりはフィーリングですフィーリング、どーせ微調整しないと色はでませんので。

https://www.color-sample.com/colors/3826/

そうすると下のほうにCMYKの色情報があるかと思います。
この色の場合Cyan0、Magenda0.36,Yellow0.6,Black0.6(端数略)とあるので、黄色と黒を同量でマゼンダを半分くらいフィーリングで混ぜます。コツというならば黄色は若干少なめで。

厳密には0.01gが測れる測りで混合していけば思った色を出せますが、基本的にはレジン100に対して1-5程度しか混ぜないのでかなり希釈度が高いため思ったようにはいかないと思います。薄いところからだんだん濃くしていきながらトライトライトライです、3回くらい出力したら思った色になると思います。

簡単そうに着色しました!とか書いていましたが実は地道です。真似をするかたがいらっしゃれば参考にしてもらえれば!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

ELEGOO スタンダードレジン ホワイト

Elegooさんのスタンダードレジン ホワイトです。
のレジンも実はSQ-1が到着前にクリアとセットで買ったレジンです。価格も購入当時で2499円と光造形用レジンの中でも最安値クラスのレジンでした。

もともと光造形のプリンタを導入した経緯として、ミニチュアのお皿とか小物をつくりたかったということでホワイトを選択。この選択が後々にドツボにはまるとは思っていませんでしたが・・・

匂いはホワイト同様でほぼないものでした。
購入当初tacはよくわかっておらず、クリアレジンと同じように使おうとしたところ、ボトルから出てきたのは透明感のかなり強い白でした。最初はこんなものかなーと思っていたのですが、プールの中に流していると、だんだん白くなる。そうです顔料の沈殿。最初の使用時に振らずにプールに入れてしまったため透明になってしまっていたようです。

顔料が入っているタイプのレジンはよく振ってから使用しましょう

振ることを覚えたtacはガシガシ振ってから使うことにしたのですが・・・・今度は気泡が入る入る。
おちついてエンボスヒーターであっためて事なきを得ました。

当初の設定はクリアと同等Hieha標準の0.03mm4Secでしたが、薄物を出すとまた忘れてくる現象が出てしまい。5secへ変更してからは安定しています。

5secにしてからは大きなトラブルもなく、小さな器も量産できています。上でも書きましたが顔料が沈殿するのは変わらないようで、プールにためたまま長時間放置すると、だんだん沈殿していくため。使用前に必ず拡販が必要です。

nanoDLP機の場合はデフォルトで攪拌機能もあるのですが、ないよりまし程度にステージを上下するだけなので、あらかじめかくはんしておかないと色むらが出てしまうことになります。

沈殿いろむらは、色付きのレジンだけの問題ではなく、クリアレジンにあとから着色した場合にも同様に沈殿してしまうため、プールに長時間レジンを入れっぱなしにする人は特に要注意です。

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

レジン着色剤

100円ショップCan LDiにてクラフト用レジン向けの着色材を購入。

1本100円でカラーは青、赤、黄色、黒を購入。この順で書くとピンと来る方もいらっしゃるかとおもいますが、そうですCMYKですね。

CMYKとは?という方のためにゆるーく説明すると、印刷業界で使われる色の再現性を表す表記方法の1つで、各色の割合で16万色を表すことができます。多くの印刷で使われるオフセット印刷ももちろんで、身近なところではインクジェットプリンタのインクもこの色になっているかと思います。

CMYKが再現できると何ができるかというと、インクジェットで印刷可能な好きな色が混合できてしまうのです。

当実験室では、基本的にクリアのレジンを使うことが多いのですが、ミニチュアの食器を作っていると、塗装では再現しづらい色付きのクリアがほしくなることがあります。

この例ではELEGOOさんのスタンダードレジンのクリアにシアンを適量混ぜただけなのですが、うっすらと青いラムネ特有の緑がかった青がうまく再現できたのでは無いかと思います。何故青しか入れてないのに緑なのか?となるかもしれませんが、レジンって二次硬化を進めるとどんどん黄色くなるので、それうなることを踏まえて最初から想定が必要です。微妙な色を最初から思った色で出すのは難しいですので、こんなこともできるよっていう裏技ですね。あとはテスト出力しながら徐々に好みの色に調節していくという地道な方法をとっています。

CMYKの割合を記録しておくと色の再現性もある程度出るので便利です。0.01gが測れる精密ばかりと合わせて使用すると量産での再現性も出せるのでは無いかと思います。

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

ELEGOO 水洗いレジン ブラック

ミニチュアを扱っていくにあたって黒い器をつくりたいということで購入してみました。匂いは少なめかな?
クリアだとほとんど見かけない水洗いレジンというのも体験したいと思い、水洗いレジンに初ちゃれんじです。

まず設定なのですが、クリアと一緒でいっか~なんて軽い考えでやると、大失敗でした。
ステージにはなにもつかずにFEPフィルムに塊ができただけ。

最終的に初期5層を60秒のそのご8秒の設定でうまく出力できるような設定だったでメモです。

肝心の水洗いについてですが、洗面台で洗浄したところべとつく、そして白い洗面台が緑色に染まり、掃除がかなり大変でした。 そして手はべとべとに・・・・
あとIPA洗浄のクリアと比較すると水洗いは若干マットになる印象です。

流しが汚れる件については家族から絶不評だったので、結局IPAで洗浄してしまいました。IPAで洗浄すると、ほかの一般的なものとほぼ変わらない印象です。

ELEGOOの担当者さんにも設定時間について問い合わせしてみたのですが。
ELEGOO MARSでの標準設定時間の一覧をもらえました。

他の機種のよりLEDの出力が大きいSQ-1なので、このままの設定にはできませんが、
ELEGOO Standard Regin Translusentで4-5Secをベースに考えると、同じような秒数か、少し長めの設定が必要になるのは仕方ないことだったのかもしれません。

最後に別記事でもすでに書いていますが・・・・この黒レジンを使用してからこのレジンで出力した造形イメージのみが焼き付いてしまっているので一時使用を中断しています。

ELEGOO クリアレジン レビュー

2020/5/13 購入
SQ-1を購入時に初めて買ったレジンになります。tacにとって、初めてのSLA用レジンだったということもあり。これが基本ベースになっています。

SLAプリンタの初運用だったので、すべてが手探りで、そもそも純正レジンを使わないという天邪鬼ですが、1発目からそこそこ出力できました。

”そこそこ”とかきましたが、 SQ-1デフォルト設定で使うと「たまに」途中で造形物を忘れてくるんです。ほかでも書きましたが、うちで出すものに多いのはミニチュア系なので1㎜厚程度のものばかり。
20個並べて左右1/3が造形不良起こすことや、なぜか造形物がまだらに・・・・・。

さすがに問題だということで対策したのは、露光時間をSQ-1デフォルトの4secから5secに延長。
初期層の秒数あたりはデフォルトそのままです。この1secの設定変更だけでほぼほぼ「忘れ物」もなくなりまだら模様も改善しました。
現象が発生しているのが、左右の部分だったので、LEDから遠いところで、すこし露光不足気味だったのではないかと思います。

時系列的にはあとにかったHieha純正クリアレジンでは発生しなかったので、比較すると少し長めの露光時間が必要そうです。ということでELEGOO製のレジンを使用する場合には1sec延長したプロファイルで出力するようにしています。

トラブルに入らないトラブルが最初はぽつぽつとありながらも
大きなトラブルはほぼなく500g使い切るほど量産出力で使用しました。
多分次もリピートします。

Hieha 光造形3Dプリンター用 レジン(クリア) レビュー

2020/7/27購入
Heiha SQ-1 のメーカーであるHieha純正のレジンになります。
Amazonの説明では大豆由来の無味無毒とありますが、
他社のレジンと比べると少し酸味のある匂いです。

出力した印象としては、きわめてスタンダード。
SQ-1の標準設定 0.03mm 4secの設定そのままで問題ありませんでした(当たり前)

水洗いレジンではないのでIPAの洗浄後も少しべたつきが残りますが
手についたレジンがべとつき石鹸で洗ってもなかなか取れない印象(ちゃんと手袋しましょう)

2硬化はG01で30秒で薄い黄色になりましたので、それ以上はやめました。

相変わらずの小物ですが、ソーダグラスのイメージです。

高さ:28mm
直径:10mm
厚さ:1mm

とかなり厳しめの条件となってます。