ChituBox

SQ-1をはじめとするnanoDLPとChituBoxと一緒に使っていると不満が出てきます。
Chituboxでスライスした場合、出力されるファイル形式がSTLではなくSLCなので、3DViewの対象とならないのです。

GrassはSTLでSpooはSLCでアップロードしたのですが、緑の3Dマークが消えてしまってるのがわかるかと思います。サムネ用にUPしたのでステータスがSlicingなのは無視してください

この3DViewerが意外と便利な代物でブラウザだけでSTLの3DViewが確認できるのですが、Chituboxでスライスしてしまうと、見えなくなっちゃうのです。

対策としてはChituboxのスライス出力は使わないです。通常通り読み込んで、サポートをつけたり向きを変えたりには使えますが、この大きなスライスボタンは無視です。

スライスは無視して、左上の三本線をから別名を保存を選択。

任意の名前をつけて「STL」形式で出力されます。NanoDLPにはこのSTLファイルを持っていくことで方向や、サポートをつけたデータでも3DViewが可能になります。

以上、ちょっとしたテクニックでした。

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

コメントする