よだれかけ

またまた、フェイスブックの3Dプリンターコミュニケーションの市川さんの出されていたアイディアをいただき、SQ-1の全面の液晶や、床にレジンが垂れてしまうのを防ぐための治具を設計しました。
通称「よだれかけ」です(苦笑

造形中は立てて置き純正のカバーをそのままかぶせれるような設計にしています。
また、一般的なFDMでの造形を前提に設計ししており。FDMでサポートなしで出力すると一発成型でヒンジまで出力可能にしています。

変なこだわりばかりしたせいで、1発成功とはなりませんでしたが、ホルダーの作成時にある程度SQ-1のモデルができていたので、比較的すんなりと設計できました。

一番のこだわりポイントはヒンジの一発成型ですね。どこかの大学の偉い人の論文を参考にさせてもらい自分なりに発展したものです。後加工が不要になるので、重宝しています。
細かい寸法については、企業秘密ということで各自研究してもらえればと思いますが。断面図だけ公開しちゃいます。

出力時の注意点として、WALLを5層以上にするかINFILL100%で出力してください。
Infill率が低いとヒンジ部の強度が出なくなります。

https://www.facebook.com/groups/315286282359859/permalink/691743581380792

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

Loading file
  • Fullscreen
  • Zoom In
  • Zoom Out
  • Rotation
  • Screenshot
  • Help

Controls

×
  • Rotate with the left mouse button.
  • Zoom with the scroll button.
  • Adjust camera position with the right mouse button.
  • On mobile devices swipe to rotate.
  • On mobile devices pinch two fingers together or apart to adjust zoom.

コメントする